医療機器の点検とは

医療機器の点検は必須

法律で点検が求められる医療機器

医療に使われる検査機器や測定機器、治療機器などには法律で定期的な点検を義務付けられているものがあります。それが特定保守管理医療機器です。これらの機器は、品質、有効性、安全性を確保した状態で製造されて販売されるので、それを維持するのが目的です。法律で規定されるもので、該当する場合は各医療機関にいる安全管理責任者によって適切な保守管理が行わなければいけません。保守管理の内容は、医療機器に付属する添付文書と呼ばれる説明文書に記載されています。安全責任者は、その記載に従って計画を立てて実施する必要があります。

医療機器は定期的な点検が必要

医療機器の点検は定期的に必要になります。特にレーザーや放射能を使用している機材については取り扱いも慎重にしなければならないのはもちろんですが、医療機器としてきちんとメンテナンスをすることを要求されます。医療機関が自ら適切に管理修理をするのが望ましいのですが、医療従事者にはメンテナンスをしている時間の余裕が見られないため、修理業を許可されている業者と契約することが一般的です。医療法ではほかに安全点検をする責任者を定めることを法定しており、安全使用のための研修を義務付けています。医薬品、医薬ガス、放射線などは特に管理に注意が必要になります。

↑PAGE TOP